BlogDelKotaro

30代前半都内ベンチャー人のライフログ。基本青い。最近は経営のことが多いかも。
25歳から仕事、映画、旅、写真、二日酔いなどの独り言を雑多に残し続けてます。
<< 2012年の謝意と、暫定備忘録 | main | 2013に持ってく昨年の学び2 >>
2013に持ってく昨年の学び1
というわけで、昨年末の暫定的振返りでも書きましたが、
2013年に忘れずに持ってきたい学びをいくつかまとめてみます。仕事寄りかな。


1.ブレない

秋ぐらいから仕事のチームを痛い目に遭わせてしまった。

体はひとつ、目はふたつ、当然見聞は限られる。
これを信じないことも、信じ過ぎることも両方リスク。
見えない場所を見る、見られなくても実際に起きていることとの
認識レベルを埋め、アプローチを適正化するのが「想像力」だと思う。

今年は部隊拡大につれて自分の目が届かない領域が増えたと思うが、
これに気づかず、情報収集を怠り、慮らず、分かったような気になり、
というのを続けたことにより、部下の成長の機会を奪った場面があった。
一番困難と思えるときに、何が起きているかを正しく把握せず、また、
なにが異常で、逆になにが個々人の努力により正常に働いているか、
というのを見抜かず、頭ごなしにハードマネジメントを仕掛けてしまった。
チームの苦労も評価できず、ただ成績に一喜一憂して、ちょっとイライラ
してるブレブレな上司。今思っても恥ずかしい。

こと、マネジメントで考えれば、チームの体制をフラット型から階層型に
変えたときに、頭を切り替えることの必要性を見落とした。
今から考えると、プロセス自体にも意義があるのでコミュニケーション量の
担保が必要だったのに、成果点がどんな状態で、どれだけの量が必要か、
というのが全く読めてなかったと思う。

正しく世界を認識していれば、行動は変わっていたはず。
ブレないためには、マクロミクロ両方の観点からの正しい現状認識が前提、
ということを実感とともに教えてくれたので、決して忘れぬようここに。


ついでに、Salesforce.comのCEO Marc Benioffの著書、「クラウド誕生」
引用のある「孫子の兵法」嵐の中で平静を保つ方法も、ブレないために
重要だと思ったので、今回の上述とはドンピシャではないけど記載しとく。

・そのとき(瞬間)にとどまる
・自分の感情を観察する。その感情に同化しない。自分の反応を意識する。
・相手の感情に乗らない。相手に耳を傾け、自分自身に耳を傾ける。
・自分に問いかける。「これにどのように対応すべきか?そもそも反応
 すべきか?」


つづく。
仕事 WEBベンチャー 学び | 22:38 | comments(0)









    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

このページの先頭へ