BlogDelKotaro

30代前半都内ベンチャー人のライフログ。基本青い。最近は経営のことが多いかも。
25歳から仕事、映画、旅、写真、二日酔いなどの独り言を雑多に残し続けてます。
<< 2013に持ってく昨年の学び1 | main | 2013に持ってく昨年の学び3 >>
2013に持ってく昨年の学び2
2012に学んで文字化して整理しておきたかったこと、つづき。(その1

2.自責

数年前に自己啓発で通った「コーチング」に大きな影響を受けたこともあり、
「自責」を常に戒めて生きてきたつもりだったのだが、今年のそれは
意味をはき違えた部分があったと思うので記載。

「個人に閉じた自責」と「組織の責任者としての自責」の違い。
秋ごろ、チームにピンチが訪れたときの「全ては俺のせいです、以上!」
みたいなトーンの自責発言を思い出すと、免罪符的、マネジメント放棄に
近いもので、思い出しただけで恥ずかしい。

管理職全員が25〜35歳の間、向上心も高く、人間性もしっかりした愛おしい
同年代の連中が各自が今後の人生の形を作るために、
ビジネス人生の最も大切な時期を預け合い、及ぼし合い、高め合いながら
進んでいるのが、今の船。

自分に課された自責の在り方は、
主戦場である事業ドメインを、あらゆる情報を集めながら何度も定義し直して
船全体の行き先を決め、それを誤らずに素晴らしい航行を続けられるよう
各人がそれぞれの役割に自責を持つことができるようにする、
つまりは本来的な集団的自責の再構築をすることだったと思う。
その意味を理解できず、各人が業務に忙殺されてる状況に無意味な気を使い、
自分個人で全てを抱えた風になり、課題を共有して腹も割って改善に
巻き込むことも出来なかったし、結局は抜本改善できなかったのがあのとき。
普段から「自分ごと」スタンスの強い尊敬すべき管理職メンバーたちが
どれだけ、たぶん腹を立て、萎え、疎外感を持ったかを考えると胸が痛い。

マネジメントにおける自責は、自責の組織浸透(カルチャー化)でしか、
組織全員が自分を一人称で語ることが出来るような状態を作ることが、
イノベーションを実現していく前提だと思う。
問題発生時に機械的に表明し、ある意味責任逃れするカードではない。

ピンチはチャンス、次に危機が訪れれたときは、コミュニケーションによる
ベクトル合わせと、その上での判断を絶対に欠かないように誓いたい。


つづく
仕事 WEBベンチャー 学び | 19:06 | comments(0)









1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

このページの先頭へ