BlogDelKotaro

30代前半都内ベンチャー人のライフログ。基本青い。最近は経営のことが多いかも。
25歳から仕事、映画、旅、写真、二日酔いなどの独り言を雑多に残し続けてます。
<< 2013に持ってく昨年の学び3 | main | マネジメントって何だろうを整理1 >>
Vidal Sassoon
去年(?)UPLINK配給で公開されていたVidalさんのドキュメンタリーを観た。

http://www.uplink.co.jp/sassoon/

作品自体は2010年のもの。
残念なことに昨年5月にVidalさんは亡くなってしまったとのこと。
ご冥福をお祈りする。

美容に限ったことは素人なので割愛するが、
「信念」「夢中」「創造」「孤独」など、人並み外れた才を持つ人を
とりまく、ポジネガを合わせてみることができ、
Vidalに人間らしさを感じながらも、彼がしてきた美容への革命に
圧倒された。
素人目にみても、彼がカットでどんな革新をもたらしたかが、
映画の中で次々に登場する美女の変身で理解できる。

”誰もが懐疑的になって”無理だ”と言うことがある
だが悲観主義はナンセンスだ
自分のルーツをしっかりと見極めて、
何かを成し遂げようとしてみればいい。
驚くような結果が得られるよ。” ヴィダルサスーン(劇中)

ユダヤ人であることと、戦争という出来事、その中でも
自分と向き合い、運命を変えた彼には、本当に敬服する。
美容に興味ある人のみならず、一般常識として観ておいた方が
いいのではないかと思う作品。おすすめ。  ★4つ
オススメ 本/映画 | 12:53 | comments(0)









      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

このページの先頭へ