BlogDelKotaro

30代前半都内ベンチャー人のライフログ。基本青い。最近は経営のことが多いかも。
25歳から仕事、映画、旅、写真、二日酔いなどの独り言を雑多に残し続けてます。
<< 頭を下げることより同じ方向を向くこと | main | 「私も戻ってきました」麻生太郎メモ >>
伝達能力が低いな、と反省する
公私両面で、伝達能力が低いな、と反省することがいくつかあった。

話しは簡単で、
A,B,C,D,Eという要素から構成されたZという結論があったとして、
Zという結論を誰かに伝えるのに、CとかBとかどれか抜けてしまう。

また、多くの場合、Zという結論は、A→B→C→D→Eというように
順序がなければ意味を為さないといった場合があったりするので、
それはなおさら難しく、これも失敗している。

ま、ふつーで当たり前の話しだけど、改善はすごく重要で、
その前に考え抜いたものであればそうであるほど、
伝達という、それが外に初めて出される舞台で
トチってしまう脱力感たるや凄まじいし、
当然、2回目の相手のアテンションは1回目より落ちるて
しまっているのが普通だということを考えると、
割と運命を左右すると思う。

何が悪いんだろう、って考えてみると、


準備ができていない


そもそも頭に体系的な格納庫がない。
これが一番改善できる可能性あるかも。
準備と対局で、思考プロセスというか、結論格納プロセスを
変え、習慣化することが必要なのだと思う。


相手との保持情報ギャップに対する想像力がない
想像しようとしてない。


コミュニケーションができていない
大概の伝達シチュエーションが、対話余地を持っているので、
相手の理解をもっと丹念に聞き出しながら
ギャップを埋めることが必要だが、してない。

って感じか。1、3、4は努力中な気もする。
でも、まだまだ気が弱いんだろうな。頑張らねば。

あんま意識できておらず、変えると一番変化が大きそうなのは2。
何か理解とかひらめきとかがあった場合、もしも人に伝えたいような
ことでなかったとしても、時間が経たないうちに反芻し、
順序だてて言語化して脳に格納すること。
これ、よくビジネスで、日報がすごく重要な役割を担うのと同じで、
日ぐらいの単位を設定して書き落とし、生活に組み込み、
習慣化することが重要だと思う。

そんなことを考えたので、
量は少なくともいいので、気づきや感情の喚起をなるべく要素をおさえて
言語化する日記を、昨日ぐらいから付け始めた。
自分基準で書く事がないような日々の過ごし方は、
若き可能性の浪費かも知れない、ということで日記自体が
日々の洞察レベルを上げてくれ、人生が良くなるかも、なんて期待も込め。

今回は、あくまでクローズな環境で日記を書く想定だけど、
外に出してもいいこともあると思うし、ブログの回数も増やそかな、と。
つきまして、どうでもいい成長備忘が続く予感になっちゃいそうだけど、
ま、もし共通項あったり共感した人は、反響してみてください。


以上、かくかくしかじかな、ちょっと長めの独り言。
仕事 WEBベンチャー 学び | 19:40 | comments(0)









      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

このページの先頭へ