BlogDelKotaro

30代前半都内ベンチャー人のライフログ。基本青い。最近は経営のことが多いかも。
25歳から仕事、映画、旅、写真、二日酔いなどの独り言を雑多に残し続けてます。
<< マネージャーに求めるもの | main | 川の底からこんにちは >>
4月1日の祝辞カンペ転記
クラウドで仕事のメモを探してたら、4月の最初にした新卒の入社式での
祝辞のカンペが出てきたので、転記。
小難しくて真面目で情報が多すぎるので、もっと端的にやらないと
何も残らないよなー、と今さら思った。

もう6月、桜の季節から2ヶ月が過ぎてて、歳が変わってから5月。
もうすぐ半分と思うと、焦るな。。
6月も駆け抜けよう。
--------------以下、メモ(固有名詞は○○に)

ご入社おめでとうございます。
優秀な皆様なので選択肢はたくさんあったと思いますが、
○○株式会社を選んでくれてありがとうございます。

私個人、きょうから社会人10年目です。仕事40年、とすると
25%に到達していませんので、僕もピカピカです。
そんな途上の私なので、自分を奮い立たせるというか、
自分を戒める自戒の意味も込めて、簡単に2つだけお話します。

一つ目は志・初志について。

個人的なことですが、超大手製造業のシステムエンジニアからの大手組織スタートでした。
振り返るとスキルもマインドも基礎部分の多くがこの時期に作られたなと感じています。
20年の熟練の上司に多様なことを教えてもらったり、大手プロジェクトの構造的病巣の
ようなものを垣間見たりして、労働時間も長かったですし、
今とは違う苦しさがたくさんありました。
そんな中での気付きが今に繋がっているのですが、
そもそも新卒のころに描いた自分の姿はどんなだったか、何度も思い返し、
それがベンチャーを選択することに繋がり、自分の大きな物差しになっています。

皆さんにとってのこの滑り出しはかなりの高確率で、皆様の人生のなかで大きな意味を持ちます。
皆さん緊張してるかも知れませんが、実は受け入れる側もすごく緊張しています。
それは、皆さんが日々自分の道を本気で考え続け、自分を磨き上げればピカピカにもなるし、
良い人に巡り会えず燻り、視点低いままで先を見ず努力を怠ってしまえば、
皆さんの可能性を潰してしまうからです。

発展途上の組織ですが、ほかのどこよりもこれからも発展します。
初心を忘れてしまう場合がたくさんあります。
だから、最初のこの気持ちを忘れず、志を強く、何でも微修正を加え、
良い人を見つけ、このフィールドで自己を次のステージに持っていってください。
応援しています。

二つ目はリーダーシップについて。

きょうからスタートの皆さんに、最初からリーダーシップのことを話すというのも
一見ズレてるように感じられるかも知れませんが、私はそう思いません。
今回どのような気持ちで皆様ここに座っているのか分かりませんが、
私達はただの労働力を買うような認識で皆様を受け入れているわけではありません。
○○のほとんど全員が若者で、ビジネス人生を確立するにあたって
一番大切な時期を預けあっており、皆様と同じです。
だから皆、事業を通して社会を良くしていくなかで自己を変え、成長したいと思っています。

組織に成長している人が多ければ多いほど、有機的に人は高めあっていくものです。
だから、スポンジのような今の皆様は、今の会社に希望、および時に焦燥感などを呼び起こす、
組織を高めるとても大切な材料です。
皆の成長は会社の大きな関心事です。

自分や同期の成長を、プロジェクトだと思ってください。
皆は、プロジェクトリーダーです。
会社には人金物情報のいろいろな材料があります。
これ、なんでも使えます。
ある程度、降らせるようにしますが、元来降って来るものではありません。
取りにいったほうが、より多くのものが得られます。
上司も横も関係ありません。遠慮厳禁です。
これが分かってる人は伸びます。

自己成長のために、
ビジョンを描く、熱意で周囲を巻き込む、聞きにいく、チャンスを得る、
それを遂行するために使えるものは何でも使う、これが、リーダーシップだと思います。
リーダーは、リーダー職になってからなるのではなく、その時にはもうなっています。
よく社長が、自分で着火して燃焼できる自燃型と、他燃型という表現を使いますが、
これが自燃型になるための、最低限のステップだと思いますので、
何となくでかまいませんので、頭の中に入れていただければ幸いです。

以上、志とリーダーシップの2点でした。

皆様にとって、この輝かしいスタートがかけがえのないものになるよう、心から願っています。
ようこそ○○へ。
一緒に成長していきましょう!これからもよろしくお願い致します。
ご清聴、ありがとうございました。
仕事 WEBベンチャー 学び | 20:20 | comments(0)









1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

このページの先頭へ