BlogDelKotaro

30代前半都内ベンチャー人のライフログ。基本青い。最近は経営のことが多いかも。
25歳から仕事、映画、旅、写真、二日酔いなどの独り言を雑多に残し続けてます。
<< 川の底からこんにちは | main | この半期にかける思いと環境の変化 >>
目標とスキルアップについて
最近よく思う2つとその相関。

・目標

 目標を「今できることの積上げ」で立てようとする人と、
 「なりたい姿」「なるべき姿」で立てる人との歴然とした差よ。
 あたり前のことだけど、この本当の意味を理解して
 習慣に落とし込むのは存外難しい。

 後者は、なりたい姿になるための成長が折り込まれており、
 そこに必要な投資が設計されている。
 この「投資」が本当に重要で、これを設計する力が
 能力と言えると思う。

 あとは、似た話だけど、非連続の組み込み。
 連続+非連続で目標を立てるのが正しいが、
 非連続つまりはイノベーションを組み込むのが難しい。
 別名ハッタリ。
 いけたら次が開けるかもな、ってなもんで、これを是が非でも
 やることを、市況ポテンシャルなんかと照らし合わせて設定する。
 その瞬間に、非連続に対する産みの苦しみが始まるが、
 これが能力を大きく高めてくれる。

 たとえばリクルート社は非連続に対する最適化好例。
 今ある事業そのものの強さも去ることながら、
 事業やサービスなどを生み出す江副遺伝子が組織に浸透しており、
 時代のニーズに普遍的に対応していける力があり、何よりの強み。
 自分や会社もそうありたいと、ちょっと憧れるな。
 

・スキル

 スキルもそう。
 よく30ぐらいにして、自分の得意なことだけで仕事を固め、
 適当な成果を出して「貯金を食いつぶし続ける」人がいる。
 これが、どこかの会社にしかないようなユニークな作業だったり
 すると最悪で、部署移動したり、転職したり、市況が変わって
 方向性の変更を余儀なくされた瞬間にパフォーマンスがガタ落ち、
 みたいなこともあったりして割と悲劇。

 大切なのは自分自身とちゃんと話をして、人生(キャリア)設計を
 明確にした上で、何が必要かを洗い出しておくこと。
 自分の不得手と得手を認識して、常に「得手を伸ばす」ことと、
 「不得手を克服する」ことの配合比率を考えて、仕事を組み立てる。
 特に自分の業界は30そこそこで管理職になれたりするから危険。

 自分の話をすると、自分はいつでも雑巾がけから出発する覚悟を
 強く持つようにしてて、実際全くやったことないことに飛び込んだり
 するようにしている。
 実際には受け入れられない場面もあると思うけど、
 少なくとも気分・スタンスだけは。
 このスタンスがあると、あんまり失敗怖いなと思わないので
 チャレンジできるし、そうすると必然的に失敗という教師に出会える
 可能性が高くなるので、いいことばっかりだと思う。


この2点が最近考えること。
ひとことで陳腐にまとめると、とにかく組織も個人も目標が大切だ、と。

この前、情熱大陸みてて女流騎士の里見香奈さんが、
「夢は何か」って質問されたときに、「夢はなくて、目標しかない」と
答えてたのがすごく印象的だったんだが、これもそう。

楽天の三木谷さんが「best effort basis」じゃなくて
「get things done」が成功のコンセプトだと言うのも同じ。

偉人が立てたすごい目標の話は枚挙に暇がない。
当たり前のことか。


以上だけど、言うは易し、継続的に、習慣的に行なうは難し、
自分も目標実現型・予告ホームラン型でありたいと
ことさら強く思うけふこの頃の備忘でした。
仕事 WEBベンチャー 学び | 01:54 | comments(0)









  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

このページの先頭へ