BlogDelKotaro

30代前半都内ベンチャー人のライフログ。基本青い。最近は経営のことが多いかも。
25歳から仕事、映画、旅、写真、二日酔いなどの独り言を雑多に残し続けてます。
<< エンジンをブンブン吹かせる | main | はじめてのおつかい >>
無知の不知
無知の不知(”無知の知”の逆)は一番やっかいで、
悪気なくともある意味暴力みたいなものだと思う。
周囲は時間は使わせられるし、矯正も大変。

また、無知への不感は最悪。
そもそも無知に慣れすぎていて打開する習慣がないという意味。
自分の前を知らない情報が通り過ぎるとき、脳が何も感じない状態。
知識やスキルにフタをして無関心を続けると、
そのうちその知らない、理解のない情報が視界から消えていく。
心も何も感じなくなってくる。
それが不感。

不知、不感の人が多すぎる。
何でみんなこんなに簡単にフタをするんだろと思う。
全部知らなきゃ悔しいぐらいの気持ちの方が成長するのに。
仕事は勉強とか研究と違って、複合要素の固まりで、
自分の前を通る情報をコントロールできない。
色んな種類の玉石が次々に飛んでくる。
だから、多くのセレンディピティがある。

両者を比較すると、同じ情報量に対する学習効率が全く違ってくる。
つまりは、将来の選択肢、成長効率がウン十倍違う。
恐ろしい。

以上、自分も全然まだまだ色々な学習チャンスをスルーしてると
思うので、ずっと開いていたなという備忘。
仕事 WEBベンチャー 学び | 12:38 | comments(0)









 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

このページの先頭へ