BlogDelKotaro

30代前半都内ベンチャー人のライフログ。基本青い。最近は経営のことが多いかも。
25歳から仕事、映画、旅、写真、二日酔いなどの独り言を雑多に残し続けてます。
<< 写真展 木村伊兵衛賞 | main | うなぎ@阿佐ヶ谷 >>
転職日記 4/26木 ベンチャー
前職の退職要件を考え、ベンチャーに絞った。(迷いは過去日記参照)
web2.0かEC(CtoC)になると思う。

面接に行き、一回目でトップ4人と話し事実上の内定が出ていたベンチャーから、
業務繁多で次の選考の声を掛けられないでいるものの来て欲しい考えは
変わらないから、という理由でいきなりの内定通知書がWORD文書で送られてきた。
そこには、給料やストックオプションの内容が明記されており、また、夜には
紹介会社を通さず直接電話をくれ、給与等についての疑問があったら
言って欲しいということで、要望レベルで話を聞いてくれた。
電話が来た時、入社意思を求める内容だろうと思ったのだが、
「傍から見れば不安なことだろうから、家族ともよく相互理解を深めて欲しいし、
 大切な恋人や友達にもしっかり話し、出来れば応援してもらえる状態が
 絶対にいいので、こっちは決断を急がない。」
という大変こころに響くお言葉とともに、一緒にやっていきたいと思っている旨を
改めて僕に伝えてくれた。

そして夜、また別のベンチャーの方と、事業説明を兼ねて神楽坂で食事をした。
卒業旅行で南米に行ったときに出会った方で、今は三人で切り盛りしているが、
数日前に投資家に事業説明をし、一年分の資金の取り付けが成功したことを受け、
事業拡大のために必要な4人目、5人目のポジションとして誘ってくれた。
3年前に僕に対して持ってくれた好印象を元に、わざわざ今回連絡をくれ、
ビジョンから具体的業務モデル、面白みから懸ける思い、また、僕と一緒に
やりたいと思って下さっている旨とその理由までを、包み隠さず伝えてくれた。

幼稚でも何でも思いを紡ぎあげるためにここまで必死でしてきた苦労を汲んで
くれる方が目の前に現われてくれた偶然(必然?)が本当に嬉しい。
そして、市場価値などないに等しい自分に、アプローチしてくださった人の
思いには本当に感激だ。
多分、もうちょっと長引いたらもっと辛かったと思う。
だから、感謝と還元の思いを忘れないようにしたい。

本決定はあとちょっとだけ先延ばすが、どちらも僕には勿体ないぐらい
それぞれ素敵な理念を持った会社なので、いずれにせよこの縁をこれからも
大切にしていきたいと切に思う。
仕事 SE退転職(200705了) | 02:34 | comments(2)
近日発表します。
職務経歴書みてくださってホントありがとうございました。
| こうたろ。 | 2007/04/29 2:31 AM |


どーすんの!?
どーするの?オレ!
| emi@toranomon | 2007/04/27 1:21 PM |










      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

このページの先頭へ