BlogDelKotaro

30代前半都内ベンチャー人のライフログ。基本青い。最近は経営のことが多いかも。
25歳から仕事、映画、旅、写真、二日酔いなどの独り言を雑多に残し続けてます。
割目


ワレメに汗疹ができる件。

別に肛門にデキモノできるとかじゃないんだけど、
ケツの肌とケツの肌が密着した部分が、汗で荒れるんだよね。

ってどうでもいいよね。

うーん、去年までは出来なかったら、それだけが気がかりで。

そういやぁ、初台の同居人が、同じ悩みを持ってたような。
夏は悲しそうな顔してたなぁ、と。

ってどうでもいいよね。

去年の夏は既にメタボってて、体重もちょっとしか変わらんし。
今のオフィスが暑い上に、デスクワークが増えたからなぁ。
風通しも悪いのかも。

ってどうでもいいよね。

地元の友達に打ち明けたら、ケツ毛を剃ると解決するとか。
T字でうまく出来るそうなんだが、ちょっと恐い。

ってどうでもいいよね。

ま、何が言いたいかと言うと、タイガーバーム万歳!
ダイエット/禁煙/病/手術 | 13:51 | comments(0)
暴騰
全く下げ止まらない日本経済をあざ笑うように、
世のトレンドそっちのけで上げ止まらないものが僕の身近にあります。

あ、体重です。てへ。

年頭の初心表明にて、現状把握が甘い僕は7月までに
マイナス”4キロ”という目標をブチ上げました。
でも、あの時点で自分が思ってる体重が間違ってて、実際は、
目標体重まではマイナス”6キロ”だったんですよね。
終わってますよね。

でもさらに、気づいてないもんだから、年始で仕事初めてしばらく
私は何を血迷ったのかメタボウィークなるものを設定して、
おやつはファミチキ、ジュースは”何たらオレ”、残業後には
休まずラーメンとビールで疲れを癒し、昼飯にはラボエムで
明太子4本使って作られた「メガ盛りパスタ」(×2.5人前)を摂取、
脅迫観念にかられて全食「大盛り」オーダー、という不毛な自慰に
出るわけです。

んで、先日、社会勉強のために思いつきでメンズエステの痩身体験コースに
行ってみたときに12月初旬の健康診断以来で体重を計測したんですが、
ま、びっくりすることに、そっからたった一ヶ月で2キロもプラスされてるんです。
4年弱前の大学卒業時からプラス6キロ、、、。

もう完全にエステどころじゃなくて、家に帰って枕を濡らしたい
わけですよ。
なのに、KYなイケメンのニイちゃんがゴリゴリゴリゴリ営業を
してくるから、ちょっと悪態ついてしまい雰囲気険悪。

いやー、エステの体験コースとか大概そんなもんなのに、ほんとガキですよね。
でも5000円払いましたからね・・・。

ま、そんなこんなで、それがさすがにお灸になって、
最近はビールを断ち、食事も気をつけて、ダイエットしてます。
夕飯摂取後の計測で、1キロ減ってたから、効果は出てるはず。

睡眠時間もままならないこのストレスデイズのさなかの持続は
自分でも自信ないけど、がんばらないと男じゃないっすよね。

以上、世の曲がり角男性たちに捧ぐ悲しみの歌でした。
ダイエット/禁煙/病/手術 | 00:25 | comments(0)
断食
断食をした。

平たく言えば、コントレックス断食。
平たくない。

月曜の晩から食料を口にしなかったんだが、
水曜の7時ごろ、フラフラになって幕を閉じた。

んで、阿佐ヶ谷までウナギを食べに行こうと思って
たのに、朦朧としている自分が選んでしまったのは、


熟成光麺全部盛り980円。

熟成光麺

ちーん。

道が悪かった。断食し直します。


自分的には非常に大きな違和感。
でも店の前とおったら勝てんかった。
せっかくの無意味な断食、残念です・・。

そう言えば、先週の金曜も、酒でペロンペロンになりながら全く同じもの食った。
あのクリーミーとんこつはウマいっすよ・・・。
ダイエット/禁煙/病/手術 | 02:06 | comments(0)
咳風邪
20070901Billy@野尻湖

あーあ、そーとぅーたいちょーわりー。

トレンドは咳です。
昨日の夜中から咳が止まらなくなって、そのせいであんま眠れなくて、
ヤクがどうしても欲しくて出社前に病院にいってみたり。
出社前に病院いったのなんて社会人になって初めてですね。
よゆーで休んでましたからね、以前なら。

ま、余談はいいとして、とにかく咳が辛い上に長引くので、
皆さん気をつけてください。

あ、頭痛と下痢も来ますよ。
終電まで仕事してたんでつれーつれー。

おととい大久保で食べた宗家ガムジャタンのせいで、
肛門がヒリヒリしていてーいてー。
あー、辛い・・・。

この前、雨ふったから大急ぎで渋谷ドンキに駆け込んで
傘を買おうとしたら500円のしかなくて、
迷った末に泣く泣く買って外にでたらカラっと晴れてて、
泣きながら歩いてたら、その傘が足の間にガコッと挟まって
グンニャリと曲がってたのを見た瞬間、自分のこと抱きしめて
あげたいって思いました。

おやすみなさい。
ダイエット/禁煙/病/手術 | 01:30 | comments(0)
さよなら耳ダレ
2006 阿波踊り

耳ダレに憧れてたんだけど、結局叶わずです。

外耳炎でした。

昨晩から痛みが当社比で1.5倍になって、寝てる間も
唸るようになったので、これはヤバイと思って医者に行きました。

最近の医療は素晴らしく、台に横にならされ、カメラからの出力が
映される画面で自分の耳の穴を拝んできました。
外耳とは、アンモナイトに達する手前の耳の入り口で、
まあ、外耳炎ってことは、やっぱり耳のほじり過ぎってわけで。
意外と、おいらにも耳毛が生えてるんだなぁ、なんて思いながら
のんびりと眺めてたのも束の間、いきなり掃除機みたいなんを
突っ込まれて、奥からじゃんじゃんカスを吸われました。

ゥイイイーン・・・・・・ブベラ
ゥイイイーン・・・・・・ブベラブベラ
ゥイイイーン・・・・・・ブベラズル

アゴが痛んで食べ物かむのも辛いような炎症起こしてる入り口に
生クリーム絞りの先っぽみたいな固定具を押し付けられるんだから、
これは痛い。
でも、でかい耳クソを次々の吸われる感覚も捨てがたく、
イヤともはっきり言えず、モジモジモジモジしてました。
んー、気持ち悪いね、オレ。

んで、まあ、点耳薬と鎮痛剤をもらって終了だとさ。
ロキソニンとかいうの持ってたので、今度はボルタレンとかいうのを
もらいました。
耳ダレも次の機会までお預けだとさ。今回出なかった。
はー、でもまだ痛い・・・。ちゃんちゃん。
ダイエット/禁煙/病/手術 | 22:41 | comments(0)
さよなら耳クソ
2006残暑 @多摩センター

怪我が多い私ですが、今度は耳クソのホジり過ぎで耳が腐りました。

ま、数ヶ月前ぐらいから、尻上がりに耳クソの量が増え、
痒いっていうか、なんつーか、もう、完全に耳クソスパイラルにハマり、
ホジらないと生きてゆけない体になり、常に耳クソほじりながら、
会社に出勤して、耳クソほじりながら仕事して、耳クソほじりながら帰り、
耳クソほじるために小指のつめを伸ばし耳クソにどっぷり漬かること一ヶ月。

耳に耐えられん痛みが走り、今日はアゴの付け根が痛くて、食べる度に辛い。
んで、耳に綿棒つっこむと黄色くなるのでこれは膿んでるなと。
さすがに痛いので、しばらく耳クソほじりから離れられそうです。

うーん、若干やばいです最悪です。
ダイエット/禁煙/病/手術 | 22:54 | comments(0)
七夕
古き良きあの頃・・・ に帰りてぇ。

最近、太ったし、さすがに衰えを感じる今日この頃なので、
昨日の午前中走った。

全く運動してなかったので、500m走ったらゼエゼエで、
ま、モモがプルプル言い出して、2キロも走れんかった。
歩いたりしながら、4キロぐらいは走ったけど、
やっぱり一日経って、きょう冗談みたいな筋肉痛が来るわけです。
しかも二日酔いと共に。
何か悲しいですわ。

今年は七夕の願いごとかけ忘れたけど、とりあえず、
古き良きあの頃(写真は高2)に近づきたいです。
全部自分次第です。うん、頑張ります。
ダイエット/禁煙/病/手術 | 14:10 | comments(2)
祝 食中毒
ナマコ。中国では「海参」って書きます。

そうなんすよ。

大連で食った牡蠣にあたったわけですよ。
ま、もしかしたら違うかも知れないけど、
一緒に食べた会社の先輩が同じタイミングに
ほぼ同じ症状で苦しんだらしいから、たぶん。
ま、他にも天然ヒラメの刺身だの何だのって
食べたんですが、やっぱり牡蠣を恨むのが
無難かな、と。
んで、きのう朝っぱらから10回ぐらい吐いて、
「ウーウー」唸りながら昼のドラマ再放送を見て
「ショムニ」の面白さを知ったわけです。

あれ、よく牡蠣にあたると辛いっていうけど、
ホント辛いっすよ。
「しょくあたり」って「貧乏くじに”当”選する」
みたいな感じで「食当たり」って書くのかと思ったら、
「食中り」って書くんですね。
ってどうでもいいっすね。

ともあれ、みんなも気をつけて食べた方がイイっす。
無二の牡蠣好きだから、これからも生牡蠣の誘いは
断れないんだろうけど、金で買える信用とか、
状況的な信用は、ある程度買おうって思いました。
ホント今回は考えさせられました。

辛さ知ったんで、牡蠣で苦しんでる人がいたら、
連絡くれれば横に行って「負けないで」歌います。
アーメン。
ダイエット/禁煙/病/手術 | 02:32 | comments(0)
手術日記returns : 嗚呼、俺の鼻
ひょんなことからうっかり鼻を折り、大層な名前の手術を経て、
安物のやや不細工な鼻に取り替えた。

2006年1月26日(木) 16時ごろの記憶を忘れないために。

骨折より4日、2度目の診療。
CTスキャンによる検査の結果は、鼻が陥没しており要手術。
急を要するということで、その日のうちに外来手術を受けることに。

「力技で痛い」と聞かされ、うろたえる。
男は痛みに弱い。恐くて恐くて仕方がない。
じゃあ、やらないのか。いや、やるしかない。いや、やっぱり恐い。

心の準備をする間もなく、手で金属の皿のようなものを持たされ、
鼻の中を噴射機のようなものでの消毒を受ける。
さらに、為すがまま、鼻の奥深くに麻酔薬に浸された約40cmほどの
細長い布を2枚を詰め込まれる。涙が流れる。
麻酔薬が十分に作用するまで、30分程ナースステーションのような
ところで、同意書に署名などをさせられつつ待たされる。


「非観血的鼻骨骨折整復術」

メスなし整復手術。手で形を直すのだ。
突然の外来手術に手術室を使うことは出来ないということで、
一般外来の診察室とカーテンを隔てただけのところで行うことに。

時間が経過し、じきに手術が始まると知らされ、鼻を触ってみるが、
感覚が残っている。
小便をしたかったのを思い出し、痛さで漏らすんじゃないかと
思って不安になり、便所に行かせてもらう。

手術する部屋に戻ると、まず治療過程で必要な写真を撮られる。
そして、先生が手にアイスの棒を少し大きくしたような鉄の器具を
縦にして持ち、私の鼻の中に差込んで、「さあ、やるよ」と言う。
私は寝かされた台の両端を掴んだ。腹は括った。

次の瞬間、「バキバキ」という音と共に、裂けるような痛みが走る。
あまりの痛みに声が出ない。鼻に強い刺激が加わり、大量の涙が出る。
その音、感覚が、折れた瞬間も同じような音がした記憶をかすかに
手繰り寄せる。

直後、私の手を押さえつけていた看護婦3人が歓喜の声を上げる。
「上がった上がった」どうやら鼻が上がったようだ。

だが、喜びも束の間、立て続けに同じ苦痛を3回。
「もういい、頼む、やめてくれ。」
続いて、先生が私の鼻を両側から挟み、力を加える。
「鼻を細くしてくれる」そうだ。
先生の手には全身の力が集まり、小さな女医の手は震えている。
平成の荒治療、悶絶する。縄文時代の間違いか。

「今どき、こんな力ずくな治療あるんすね。びっくりしました。」

先生は笑いながら、「他の患者さんもいるから静かになさい。」という。
4人いた若い看護が皆クスクス笑っている。完全に玩具テイストだ。

手術はこれで全て。手術と呼んでいいのだろうか。

術後、看護婦に鏡で鼻を見せてもらい、驚愕の光景を目にする。
「ま、前より上がってませんか」
先生は「そんなことないよ」と言ったが、先生は骨折前を知らない筈だ。
確実に上がっている。鷲鼻人生の幕開けだ。
すぐに鼻ギプスでフタをされる。
結果は、腫れが引いてフタが外れたときのお愉しみ。
何はともあれ、生涯で最も痛い体験だった。


終始、やたら母親の顔が浮かぶ。
理由は簡単だ。自分より、自分の顔を大事にしてくれた人だからだ。
自分自身に「目が二個と鼻と口がついてるんだからイイ」って諦めを
つけるのは簡単でも、母親が悲しんだら、結局なんか妙に辛いだろう。
その申し訳なさを消すには時間が掛かる。
いや、時間は掛からない。どうやっても消えない。


何はともあれ、一生忘れない経験になるだろう。
ダイエット/禁煙/病/手術 | 23:25 | comments(2)
禁煙日記(節煙に格下げ)
お疲れさまです。コウタロウです。



一昨日、昨日、今日で一本or一息ずつ吸いました。
これからも禁煙を続けていくし、いずれやめるけど、
ひとまず負け犬の報告をします。
恥ずかしいし、カッコ悪いけど、誘惑に負けました。
書かないと、それこそ情けない気がしたので書きました。
ってな訳で出直します。明日からは気を締めなおします。
お赦しを。
ダイエット/禁煙/病/手術 | 22:07 | comments(0)
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

このページの先頭へ