BlogDelKotaro

30代前半都内ベンチャー人のライフログ。基本青い。最近は経営のことが多いかも。
25歳から仕事、映画、旅、写真、二日酔いなどの独り言を雑多に残し続けてます。
川内展"a pause"@山梨


行ってきました、念願の川内倫子写真展"a pause"山梨ギャラリートラックス

中央道、長坂インターからすぐ。
ただ、お寺の敷地内っていうロケーションだから、ちょっとわかりにくい。

こんなところで考えごとしたいって思えるような静かな空間。
写真の見える場所で、茶菓子付きでコーヒー飲めて。
種類はわからんが、大人しくてお利口なワンちゃんがいて。

川内さんとは、けっこー前からのつながりで、今回が実現したそうで。
歩くと、いい感じに軋む床に、白い壁。
ここに、川内さんの国内外でみた瞬間が、ピンで打ち付けられてて。
川内さんDVD(そのうち発売されるとか)が流れてて、そのBGMもニクい。

悠々自適空間。
お名前ききわすれちゃったんだけどオーナーさん(?)、
僕らいる間に「東京いく」って言って、車で出ていっちゃう自由さ。
写真と文が刷られてたここにしかない冊子、魔がさしてパクらなくて良かった。

ヴァンジ美術館以来の、この心の震え方。
隣にハンモック2000さんもあって、面白かったし。

こういう時間、やっぱり必要だな。
オススメ 写真/音楽/その他 | 22:43 | comments(0)
FreedomSunset


楽しみにしてたのに去年は雨でポシャった5月のフリーダムサンセット。
今年は文句のない晴天に恵まれ、PortOfNotesも井上さんも満喫した感じで。

いや、ちょっと酔っ払い過ぎたかも。

江ノ島の駅前の道を走って横断しようとしたが縁石があるのに気づかず、
手の平と両肘を負傷。
今だに遺体。
痛い。

目撃人曰く、「久々に大人が本気でコケてるのを見て感動した」
だそうで、痛すぎて数秒動けず、車に轢かれるのを受け入れそうに。

うん、ありがとう、GW。

週始めから7時半には出社してたしで、今日は疲れで死にそうです。

おやすみなさい。
オススメ 写真/音楽/その他 | 00:22 | comments(0)
母の日にキャンドルを
ラグジュアリーアロマ Luxury Aroma

こんな贅沢あります。

LuxuryAroma MASSAGEMODE ラグジュアリーアロママッサージキャンドル
http://www.luxuryaroma.jp/

焚くといい香りが広がり、それを手にとって肌に塗ることもできる。
アロマであり、エッセンシャルオイルのマッサージキャンドルである。

アロマキャンドルとしては、最高級の部類だと思う。
生きてる時間の3分の1を占める睡眠に投資をするように、
周りの空気だとか、気持ちへのリスペクトを行動にする感じ。

お香コレクションの一部をおすそ分けしたら喜んでたこともあったし、
ちょうど母の日向けのブリザードフラワーとのセットをやってるので、
今年の5月10日には母親にこれを贈ってみよう、と。
むしろ、自分が使ってみたい、って話もあるとかないとか。

店舗だと、バーニーズニューヨークの銀座、横浜店なんかにある。
ちょっと大切な人への贈り物なんかに素敵だと思うし、おススメ。
オススメ 写真/音楽/その他 | 12:56 | comments(0)
浅田家@コニカミノルタ


木村伊兵衛展、
一昨年、昨年に続き、今年もみてきました@コニカミノルタプラザ

去年はちょっとディープな2受賞でよく分からんかったので、
今年はと期待してたんですが、予想をしっかり上回ってくれました。

浅田政志さん

クスっと笑える家族写真。
梅佳代さん的な、世界を愛でる視線が好き。
三重の実家に帰るたびに、ユニークな家族写真をとるために
家族で相談し、各所に協力を交渉し、実際に行ってタイマー撮影、
ってのを、何年間も続けた汗と涙の結晶。

お父さんも、お母さんも、腕にド派手な紋紋の弟(?)も、
全員フザけてて、相当いい味だしてる。

フザけたことでも、それを真剣に突き詰めて、続けることで、
それが芸術に昇華されていくんかね。
世界を作った彼の勝ちで、家族を愛でてそれを動かしてる彼の勝ちで、
唐突で脈絡がないように見えるシチュエーション達を写真に閉じ込めて、
全体としてストーリーを紡ぐことのできる彼の人間勝ち。
弟の葬式写真も、親父のヤクザのドン写真も、お母さんのバンド写真も、
面白くて、柔らかくて、
人もまばらだったので、一人でニタニタしながらギャラリーを歩きました。

月並みな言葉だけど、
一連の写真が、きっと人生はもっと自由だと言ってくれている。
そして、ペーパーツリーのハイキーな空間に家族が揃ってる写真が、
愛が大切だと言ってくれている。

また楽しみなものが増えた。
おススメ。
オススメ 写真/音楽/その他 | 10:18 | comments(0)
川内さんがまた遠い
川内さんがまた遠いところで写真展やってます。@山梨

川内倫子写真展
FOILブログより転載

川内倫子写真展 "a pause"
5月25日まで。ギャラリートラックス@山梨。

NaviTime君が2時間半かかると言ってます。

行きたい。でも遠い。困った。
オススメ 写真/音楽/その他 | 10:17 | comments(2)
野町展@恵比寿写美


同じタイトルで数回目な気がする写真展@恵比寿写真美術館。

あんまり陳腐な言葉で語っても仕方ないんだけど、すげー規模。

バラナシで現世を全うできなくてガンガーに流された人の死肉を
野良犬が食べてる姿だとか、
砂漠と空と雲の影の鮮やかなまでのコントラストだとか、
イスファハンのイマーム廟の鮮やかなペルシャタイルだとか、
カーバ神殿に向かう数万人の行列だとか、
地球の中心とも思える半時計周り7週のスローシャッターだとか。

スーダンだっけか?の1980年近辺?の人々の生活の写真。
何度見ても、本当に度肝を抜かれる。
牛の膣に口で息を吹きかけて性的な刺激によって乳の量を増やして、
乳房から直接すってる姿、だとか。
今回は展示がなかったんだけど、黒人たちの中に、茶色い髪を
している人がいるのは、シラミが出ないよう、牛の酸で頭を
消毒してるから、っていうのが分かる作品だとか。

衝撃を受けずにいられないし、日本は当たり前の国じゃなくて、
発展が普段は覆い隠して見えなくなってることが沢山あって、
そんなんが段々と見えてくるというか。
見えなくていいこともあれば、絶対ポジティブなこともあり。

簡単に言えば、感謝の気持ちというか、尊厳というか、
そこから生まれる慈しみとだとか、自己の認識だとか。
情報量が多すぎて、ちょっと咀嚼しきれない感があるけど、
やっぱりこの人には、もらうインスピレーションが沢山あるな、と。
本当に尊敬しています。

日本人で始めてメッカのカーバ神殿の撮影を許された人です。

そういうの興味ある人は必見です。(って適当に書きすぎか・・・)
見に行ったら僕と語りましょ。
オススメ 写真/音楽/その他 | 23:46 | comments(2)
世界遺産と聖地巡礼と
ヒルズのFUJIのギャラリーで4/27まで世界遺産展の文化遺産VERやってて、
http://fujifilmsquare.jp/detail/09022703.html
写美では5/17まで敬愛する野町和嘉さんの聖地巡礼やってます。
http://www.nomachi.com/ten2.cfm

前者、自然遺産編はノーチェックのままスルー。無念。
文化遺産編、なぜか母親に勧められて発覚。

月初からいきなり苦境の仕事と、花と酒にかまけてて、
こっちもついつい行きそびれるような自分がいやだったので、
ここにメモ。

野町さんの写真展、行くの何回目だろう。
今回も相当たのしみ也。
オススメ 写真/音楽/その他 | 02:12 | comments(0)
CALM@新宿リキッド
またCALMのリリースをスルーしてしまった。そんな自分が残念。

2連続でリリースするらしい。
1枚は3月中旬に出てて、次は今月の8日らしい。

どうも、レコ発のLIVE盤ということなんだけど、
このLIVE、ハタチの時でCALMのカの字も知らんときだったんだけど、
"Ancient Future"のときは、同じく新宿リキッドで揺れたなぁ、って。
何て優しいクラブミュージックなんだ、って勝手に衝撃を受けてた。
いったい、あのMACには何が入ってるんだー、って。
だから、これも多分すごいLIVEだったんだろうな、と。

うーん、早く買わんと。
あ、今日から4月ですね。今年度もガムばろう。

MILESTONE-MOONAGE ELECTRIC QUARTET 2000.8.26 LIQUID ROOM
MILESTONE - MOONAGE ELECTRIC QUARTET 2000.8.26 LIQUID ROOM
CALM
オススメ 写真/音楽/その他 | 23:11 | comments(0)
海原の月
安藤裕子って歌手の”海原の月”って曲よくないっすか?

有名?無名?
古い?

最近、おっさん、そういうのが全く分からんのです。
顔も分からんし。

自虐の歌のテーマらしい。
ずいぶん前に観たけど、この歌の印象ない。
映画は意外と嫌いじゃなかった気が。

オススメ 写真/音楽/その他 | 22:59 | comments(0)
小さなブランドと春と
小さな会社のブランド戦略

小さな会社のブランド戦略 村尾 隆介

風は強いが春は確実に来てる外の芝生の上で読んだ。

営業の人間としては、使える言葉の連続。
BtoCのビジネスをしてる人か、したい人は読んで損はないと思う。

ブランドは見た目のブランドを洗練させるだけじゃなくて、
本当のファンを作ることができなきゃダメだと。
営業をしながら、毎日「ファン」って言葉を数十回
いってる人間にとって、こんなに本質をとらえてる本なし。

従来の広告の効果は今以上に落ちて、コンセプチュアルで
深いコミュニケーションが出来ない企業は、
プロモーション費用をドブに捨てることになる。
だから、マーケティングの本質を見る。

「価格を下げるのではなく、価値を上げる。」
この言葉に違和感はない。

村尾隆介さん。好きかも。話してみたい。
以上、休日読書の感想。★5。

あ、余談だけど、きょう阿佐ヶ谷散歩した様子、Photologに。
http://photo.cafedelkotaro.com/?eid=977420
ソメイヨシノは全然まだだったけど、春は確実に来てます。
夜は寒いけど。
オススメ 写真/音楽/その他 | 01:10 | comments(0)
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

このページの先頭へ